まったりのんべんだらり


by ayafuji_rie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

やっぱり某国の大統領の政策は嫌い。

NASA、ハッブル宇宙望遠鏡の補修打ち切りを決定


数週間前から気になってはいたんですけど
この望遠鏡を破棄するなんて。
火星に行くだの月に基地を作るだの、非現実的な構想に
このすばらしい人類の英知の結集が打ち捨てられていいものか?
なぜに某国の大統領さんはそういうこと極端かな?
歩みを進めるにしろ近くを見すぎても前から来る障害物をよけれないし、遠くを見すぎても、足元の小石に躓く。
それも分からないのかしら?


なんて、「である」口調で語るには知識が不足なので以下は自分の思ったこと。
確かに火星とか月とかに基地やらなにやら作るって話の変わりに
ハッブルが打ち捨てられるような話です。
予算的にも机上の空論より、今現在、頭上にあるハッブルの維持費のほうが高いかもしれません。
でも個人的にね火星の赤茶けた大地ばかりで大発見!とかカサカサしてクレーターだらけの月に水が!!
とか言われるよりも、極彩色に彩られた神秘的な宇宙の映像一枚を広げて感動したい。
ここの写真とか



遠くを見る目をばっさりと切り捨てないでほしい。
遠くを見つめることを時間にも増して大切に思っている人のことを忘れないでほしい。

まとまりがないけど、個人的にはこんな思いを抱きましたということで。
[PR]
by ayafuji_rie | 2004-03-08 12:48 | こまじめに雑文