まったりのんべんだらり


by ayafuji_rie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

オクリモノ感想

お久しぶりねのラグフェアさんフルアルバム。
全体的に前作のアルバムよりもまろやかな印象の『オクリモノ』
直球メッセージがっつんがっつんのサークルとは違って
いかに気持ちよい音楽か、が追求されてるのかな、なんてあてにならない印象&CD感想です。

アカペラのオープニングから始まってシングル曲にアルバム曲がずらっときて間に奥村氏の変態が挟まれてもう1回シングルが来てアルバムでけんいちさんの見せ所があってエンディングになだれ込む。ってなんか流れだけ見ると最初のAIRから一貫してますね。
この流れが一番ラグ個人個人の色が分かる並びなんでしょうかね。



01: What do I sing?
なにを歌うのか?なぜ歌うのか?そういう基本的なものをここで宣言そして問う。
ストレート直球勝負。
その答えはラストまで引き継がれていくのですね。


02: 降りそうな幾億の星の夜
きらきらきら〜っと、七夕をイメージする曲。
かなり好きな曲だけれども、正直私はシングルで出してほしい曲でなかった。
そのときにも思ったけどこれは禁じ手な気がします。
耳なじみの良い曲調でノスタルジックなイメージにNO!という言葉が封じられるよう。
この曲は苦手って人は少ないかもしれない、けれども、仮に嫌いだという声を上げることが許されない雰囲気の完成度です。
ただこれがRAG FAIRの代表曲ですとは言ってほしくない。
なんて私のわがままですが。いや、曲好きですってホントよ。


03: メロス
前作のアルバムの流れを継ぐような作品。
この曲で加藤さんの歌がやっと心から好きになりました。
力強さもさることながら感情が豊かになりましたね。
今まで綺麗なだけの印象が強かったのですが、なんというか、
白馬に乗ったボンボン王子様が成長してちょっと精悍な王位継承者になりましたぐらいの勢い(何だそれ)
大サビの「だからっ!」がかなり胸にきました。
いい曲だ。


04: ハピ☆ラキ♪ビューティー
うわー・・・奥村さんの日常というか生態が現れた歌詞に爆笑。
なんか1stアルバムの「マジカル恋のパワー」系な曲です。ものすごいポップな感じで弾んでます。
曲調で言えば前回の「エール旅立ちのうんちゃら〜」と「マジカル」を足して1.5で割ったような。
土屋氏と加藤氏の声がいいですね。朝のテンション上昇させるにぴったりの曲。
「○○で〜す」「う〜きうきで〜す」・・・・ですがいいデス。
最後の「ぴーひゃらぴーひゃらでぃんでぃんどぅ〜」ってすごいね。
RAGの曲で他の人の声が入ってるのって珍しい。白い天使のCPの「Xmas〜」以来ですかね。
加藤さんの背後の英語のコーラスが気持ちいいです。


05: Do it!
シングルのカップリングの時にはあまり印象に残る曲ではなかったのに、アルバムの流れで聞くと素直に耳に入ってくるから不思議です。
サビのコーラスの爽やかさがいいですね。よーすけさんの裏でハモってるのはけんち氏?
けんいち氏の声がよーすけさんの声と気持ちよく溶けすぎて危うくトリップしかけます(んな阿呆な)
「レールの上に乗っかってぇっ!ただ過ぎる日々数えたってぇっ!」
って、よーすけさん、小さい「っ」が入る感じの歌い方好きです。


06: RIDE ON
ラジオ番組のオープニングってかジングル?のような出だしから何やら怪しくなっていきますよ。
い〜いちい〜ちさ〜んよ〜んすてれおぶんかほうそう〜 みたいな。
相変わらず奥村氏の変態ぶりはどうしようもありません。
わっしゃわっしゃズッタズッタと盛り上がっていけばどこへ行き着くのこれ?!
でも、1st、2ndアルバムの曲よりは普通の人間じみてきているのは良いんだか悪いんだかって結局何がなにやらどういうこっちゃ!
というか高く高く昇っていくのはどこまでよ?


07: 夏の大三角
たんたたたたんたたんっとリズムの柔らかい跳ねにゆったりと身を任せてみれば、引地氏お得意でいらっしゃいましたよ。
SLTのparallel linesのようで切ない。作詞作曲どちらもストライクゾーンでノックアウトですよ。
夏の夜空というと私は青を想像するのですが、この曲のイメージも青い。
ゆったりとしたピアノの音色に揺られて瞳を閉じれば寂れたプラネタリウムに別れの言葉ってな。
うわー妄想が膨らむ膨らむ。とはいえ欝になるからあまり聞けない曲でもあり。。。
転調後の盛り上がりが大江千里も真っ青ですよお嬢さん(誰だ)
間奏がものすごく綺麗なハーモニー。
どんどん上手くなってるというか複雑に・・・
誰が何処ハモってるのか聞き取れないですよ最近の楽曲。


08: 君のために僕が盾になろう
天使の羽と賛美の声に導かれて歩き出す
土屋氏の柔らかい声に美しい歌詞。天使の声は貴方だよ、なんて突っ込みは入れません。
よーすけさんの突然の声にびっくりしたBメロ?もうちょっと最後のほう伸ばしても良かったんでないと思ったけどコーラスがあるからしょうがないか。
そして加藤さん・・・・・すごい高音が綺麗。思いでは数えきれ〜ないの部分がめっさいい。
サビの土屋氏と加藤さんの掛け合いも、良い。そしてコーラス。もう美しい。
するすると耳に流れ込むメロディが気持ち良い。
まるで流しそうめんを耳で食べているようだ!ってなんじゃそりゃ。
いや、とても良い曲ですよ。綺麗さにかけては今までのラグの曲でもトップクラス。


09: パッティングLOVE
・・・ラグフェアーオヤジ化ですか?
この曲は土屋氏何言ってンだか分からんか唱法(勝手命名)が炸裂。
歌詞がもうゴルフネタだとオヤジー!と叫びたくなるのは私の周りの環境のせいですね。
というか歌詞が!歌詞が!!読み方によっては大事件ですよこれ。
えらいエロイ・・・・・
カップは小さめって彼女にか?入れちゃいたいって何に何をっ?!
君のコースって何コース?素振りばっかりってなんだよ(これ以上突っ込むとぼろが出るぜ自分)
あと、けんいっちゃんの歌が良い。
「ゴルフも恋も勝負はグリーン〜」が「ころころころころぐり〜ん」に聴こえて可愛い。
可愛くてエロい・・・・エロかわいい曲・・・・なのか?


10: woman
ん〜・・・・・・・・けんいちさんの曲はしぶいのですね。
9曲目で上がったテンションがゴイ〜ンと落とされます。
落ち着いて次の曲聞けよと(笑)
失恋ソングというかお互いを縛る恋と言う鎖から解き放たれた二人〜なのかな。
もっと高音で攻めても良かったかもしれない。
けんいっちゃんってより健一さんです。
落ち着いて何事もじんわりと見つめる姿勢がひしひしと伝わってくる。


11: to shy shy僕
爽やか片思いラブソング。
ともすればこんな時代、こういうドキドキした感情で遠くから見ているだけの恋心はストーカーなんて不粋な言葉で片付けられてしまうけれども、こんな恋愛だって素敵でしょう。(ただ私利私欲で付きまとうだけの悪質ストーカーは大嫌い)
見知らぬ人からいきなり告白されるなんて経験、めったにないしね。
shyなshyな僕はきっと。
サビの調子がまた楽しくて、あさSUNと空きれの中間、ズボっぽけどちゃんとラグの曲。
ついでに地方で5両目は滅多にないのでそれにあこがれる(笑)


12: song for you
これを聞いたら涙が出てくる。
1曲目の問いの答えはこれです。と。
武道館で流した涙が思い出される。
必死でこの曲に耳を傾けて涙を流した、あの場所。
胸が暖かくなる、素敵な曲。
この曲を届けてくれた貴方達へ
溢れる感謝の気持ちを返したくなる。

そんなあなたたちと出会えた全ての奇跡を、私は心から幸せだと思うのです。
[PR]
by ayafuji_rie | 2006-10-16 22:32 | ラグフェア関連