まったりのんべんだらり


by ayafuji_rie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

頭で酔わないと

夕べの飲み会の愚痴の続き。

1軒目は何ごとも無く恋愛話しやらシモネタ談義やら何やらかにやらで、普通の話を4人全員まんべんなく歓談していてごくごく平和。私個人はあまり乗り気では無かった為、あいづちを打ってちょこっと喋ってあとは笑うふりだけ。

さて問題の2軒目。
二次会は何処にしようと言うことで、一人が私に焼酎のお店が良いと言い出す。私はそこでもよかったし、焼酎を煽りたかった気分でもあったのでそうするかと話を纏めようと二人で提案。一人は同意。残りの一人が「焼酎飲みたく無いけど良いよ。」と、しぶしぶ同意。この時点でキナ臭さMAX。他の店にする?と聞いても皆が行くなら私も行くとのこと。

お店のノレンを潜り(ノレン無かったけど)、席につき注文。焼酎専門店だけどとりあえずひと揃えの他のアルコール類はある。
とりあえず気を使って「焼酎飲めなかったら無理しないで他のもの頼んだら?」と進言するも、相手全く気にせず「とりあえず頼んでみる」トの事。不安を憶えつつも一通り注文をして注文の品が出て来る。

口をつけた彼女、一言めに「これは強いね。ゲ○コースだ」と笑って話す。そのあたりまではまだ良かった。他の人のもとりあえず一口づつ口をつけカマシタ言葉が「私なに飲んでも分からないし。全部同じでしょ」と不機嫌モ−ド突入。

予想通りの事の進展に、顔では苦笑いしつつも心では「だったら来るんじゃねーよ」と毒づく。お酒が分からないのはしょうがないけれど、カウンターの近くの席で同じことを大声で言わないで欲しい。私の面子も無い。一緒に来た人も肩身が狭そう。お店の人も苦笑い。

自分の思ったことをズバズバ言えるのは良いことだと思うけれど。時と場所を考えてくれ。
その後は前述のとおりの話題になってますます雰囲気は最悪に。あんだけ飲んでもほとんど頭の中は酔っ払えず、足にちょと力が入らないかな?身体は酔ってるのに、頭で気持ち良く酔えないお酒は面白く無い。

結局コンビニで一本また焼酎を買って帰ってから一人で2時間ほど飲んだ。

やけ酒は全く酔えなかった。

嫌な気分のまま眠気がどろりと自分を覆ってきた。
全く歯切れの悪い1日の締め。
[PR]
by ayafuji_rie | 2004-05-22 15:30 | こまじめに雑文