まったりのんべんだらり


by ayafuji_rie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

LIVE ON THE JUKE VOX @八戸

ライブに参加して大分時間がたった今日この頃。
タイトルが『LIVE ON THE JUKE VOX』だとやっと気がつきました。
BOXじゃなくVOXだったのね。いやはや。。。。

八戸に行ってきたお嬢さん。遠路はるばるありがとうございますた。

レポにならない感想でございます。だいぶ時間がたってしまって記憶が朧月夜で
脳細胞は朧豆腐な部分もありますのでご容赦。



前日に仙台公演に参加していたのであの一夜の夢が又蘇るのねと夢うつつで八戸へ向かいました私。

八戸公演でも、もちろん感動させていただきました。座席がかなり前の方でアーティストに近かったのもまた嬉しい。仙台も近かったけどあまりに横過ぎて右側が見えないしSS(舞台の前方の端っこにある照明)がモロにまぶしいし、舞台下手袖がかなり見切れててむ〜・・・としていたのですが、八戸よありがとう。市民会館ありがとう。会場までの段差がすごいよありがとう。

最初の一組目。サスケ登場ー。ってもー仙台公演からずーっとサスケが可愛らしくてしょうがない。もう若くて青くて初々しい。
青森らしくりんごで例えるならば、サスケ=青りんご(まだまだ熟れるよ)、ラグフェア=赤りんご(ちょっとまだ青め)、竹前さん=完熟りんご(甘みもたっぷり食べ応えもたっぷり)と、こんな感じの3組の共演。
夢のようで現実味がまったく無い世界が出来上がっておりました。

サスケさん達、声も若さあふれててギターもジャンジャカ鳴らしてハーモニカでボーカルでストリート系なんですが、ものっそい爽やか。仙台であまり受けなかったトークもばっちり八戸のツボを突いておりましたよ。名産のイカはいい感じでトークに反映。りんごにねぶたになんだっけ?八戸だと三社大祭だよー。

サスケ「他に美味しいものって何があるの〜?(正確な言葉は覚えてないので意味合いはこんな感じ)」
お客「イカー!!」

ステージにイカ飛んできたりしてね。ってのはナイス。生臭い?だったらスルメ飛ばしましょう。っていや、実際にやっちゃだめですよ(当たり前)。

仙台では音の調整があまりよくなくて、最初の数曲で右耳がガボーンといかれてしまったんですが、八戸は大丈夫でした。いやーもー、かわいい。ハモリもかわいい。爽やか。素直。明日への希望。もがき苦しむ日々に疲れたときに聴きたい曲ばかり。セットリストは覚えておりませんが(うはぁ)。青い自転車と永遠の夏とかそんなタイトルだったような・・・・普段、曲のタイトルを意識して聞いていないので(というかサスケの曲を聴くのが初めてだった)先入観無く素直に聞けました。今度岩手にきたらライブに行こうとひそかに野望を抱きました。あの二人、曲も立ち振る舞いもかわいい。絶対に売れてくれると信じているよ。仙台公演と違ってサスケの最後の曲もお客さんと一緒に盛り上げておりました。勢いのある曲に背中を押されて多数の人がスタンディング。手拍子もばっちりで盛り上げて盛り上げて、二番手ラグへバトンタッチ。

いったん暗くなってセットチェンジ。でも時間は短くさくっと終了。

舞台が明るくなってドンツクおっくんのボイパに合わせてラグフェア登場。皆ばらばらと立ち上がりはじめてラグメン全員が出てきた時点で会場オールスタンディング持続中。
土屋礼央、仙台では皆さん立ってください〜盛り上がりましょう〜的発言だったのに、「皆さん立ちましょう〜って、みんな立ってるねぇ〜」と出鼻で笑いを取る。さすがだ土屋。がんばるね土屋。大好きだよ土屋。今回はなんとマイクのみでアカペラ炸裂です。普段のツアーだと楽器とか入るのですが、今回はきばった。

ドンツクドンツク続くリズムは土屋氏のMC終了とともに「恋のマイレージ」へ突入。
加藤「裸足の夏 ベィベ イェイイェイイェイ あなたと ぼっく〜の砂浜で〜♪」
お客「HEY!!」
飛び跳ねる客、揺れる会場。テンションは一気に加速してブレーカー落ちるぐらいに大興奮。近くにいた中年のおじさまが呆気に取られてポカーンとしてたのに2番の後半あたりには体を揺らしてるんるんと聞いていた姿が微笑ましい。心の中で「ラグぐっじょぶ!」

「ハレルヤ」もきれいにまとまっていい感じ。メンバーのダンスは無しでした。八戸の会場ですっ転んだらしゃれになりませんものね、某Y輔さん。加納さんのソロでいい年した私、叫びましたよ。「かのーさんかっこいいいぃぃぃぃ」・・・・・何も突っ込み要りません。私自身もう細かいことは気にしません。どうでもいいことは考えずに聞けるのがラグフェア。健一さんのソロも決まってばっちり。さすがにお客さんダンスは踊れませんでしたが手拍子しまくりで手が悲鳴を上げていたようなそうでないような。

ラグフェアー、あなたのジュークボックスになりますラグメドレー。
「あさってはsunday」。前にブロードバンド配信されたラジオのライブと同じバージョンです。ということは音楽会と同じバージョン。このアレンジ好きだなぁ。えぶりでっでっであいしんきらふぉゆー?最初のコーラスがいい。CDのアカペラバージョンでも聞きたいけれどもこのバージョンでもOK。お次「ラブラブなカップル フリフリでチュー」(長っ)良い。良いって。土屋氏と引地氏のツインリードがいいだよ。もう最高。ラグのライブのときのようにサビで腕を左右に振ってみたのですが回りから浮いたので途中でくじけた気がします。凹みかかった私にそんな暇は与えないとばかりに、ラブフリの最後のコーラスが転調を繰り返して行き着いた先は・・・・来たよ来たよ「半熟ラプソティー」。グダグダフェアーの汚名返上です。きれいなコーラスがどんどんとホップステップジャンプで心の棒高跳び、見事記録達成です。この転調でラグのすごさを見せ付けましたね。あいかわらず加納さんがべらぼうにかっこよいのです。ちょっとまって〜。待ちますとも待ちますとも。なんて待たせる隙も無くサビが来る曲ではありますが(笑)もうこのあたりから頭のブレーカーがふっとんで記憶まで弾け飛びはじめました。
「sheサイドストーリー」はサビ後ろでハモっているよーすけさんの美声に体がとろけて加藤さんの高音で魂が召されました。

昇りすぎ 昇りつめましょ ハイテンション。

RAG FAIR JUKE BOXのとどめ「HANA」。この曲は、題名もさることながら雰囲気からリズムからすべてがライブの華です。「タンタンタタタン」の手拍子でサビに入ると爽やかな緑の風が迷いも何もすべて吹き飛ばしてくれます。手拍子で物足りない人はジャンプジャンプ。体が自然とリズムに乗れるこの摩訶不思議ソングで自己紹介、ラグフェアーってこんな人です〜と紹介されるメンバー。この演出がまた別な曲をHANAのリズムに合わせて歌っちゃうというなにやらジュークボックスが壊れ気味と。
ともあれがんがん歌って、最後はHANAを全員でそろって歌ってジュークボックス
終了。

ラグジュークボックス終了・・・・とふとメンバー全員もとの位置に戻りましょうかとMC。
加納さん「股間ばっかり見せてもね」とつぶやいて笑いを誘えば
健一さん「たいしたもんじゃなくてすいませんねぇ」と。をぃをぃ・・・でたよ健一さんの天然トーク(笑)
あとから慌てて「あ、皆じゃないよ。俺の俺のだけだよ」とフォローすると、土屋氏「いや、みんなだよ・・・」と慰めあう二人。なんだこれ。今回のMCの中で一番笑かせてもらったナチュラルシモネタでした。

なんだかんだとぐるりめぐり、リーダー洋輔さん幸せを語る。
幸せってなんだろうと思って辞書を引いたけど分からない。あいまいなことしか書いていない。でも幸せってのは確かに存在するし、どうせなら自分で幸せの定義をしてしまおう、ってな感じだったような。
そして「summer smile」へ。
めたくそ上手いんですけれども?CDのアレンジがシンプルなせいもありますが、CDで聞くよりもコーラスがはっきりくっきり印象的です。例えるならば つぶつぶミカンジュースの「ぶつぶつ感たっぷり」のような感じ、ただのオレンジジュースよりつぶつぶ入ったほうがお得な気分でしょー(?)
そんなお得な気分で味わったサマスマに続いて洋輔さんMC。
「最後に皆が知っている曲を歌います〜」
ってな感じでラグフェア部門最後はスティービーワンダーの名曲「I Just Called To Say I Love You」
1番を歌い終わって2番で竹善さん登場!

貫禄が違いました。さすがですね。出てきた瞬間一気に空気が変わりました。
舞台転換の間にラグに竹善さんが青森弁(津軽弁)講座。らぐかわええ。シとスの区別をつけれたおっくん。ケ〜でひっぱる他面に、加藤さんと加納さんの日本一短い会話。さすが青森。竹善さん生き生きしてます。

そして、そしてそして竹善さんタイムスタート。

いや、美味しいというかさすがです。一番がっちりとお客さんのハートをわしづ
かみにしていましたよ。
ラグもサスケも健闘したんですが、ここはやっぱり百戦錬磨のベテランパワー。

雰囲気から違います。存在感が違いました。圧倒的です。

そして何より・・・・竹善さんが「離れずに暖めて」を歌いましたよ。
これって八戸だけ??仙台では歌って無かったのです。
あまりにも耳慣れた曲、でもライブというか生では一度しか聴いたことが無かったの、口あけてポカーン。
隣にいたS嬢にしつこいぐらいに「これ仙台で歌ってないっ!!聞いてない!!」
邪魔してごめんよ。
「十三夜の月」うはぁ・・・・ダルですってダルダル。アッダールト。大人の雰囲気に会場が染まっていく様は圧巻でした。迫力。もう素敵に無敵。ってなんでしたっけ??
「木蘭の涙」も聞けて、しかも「生まれ来る子供たちのために」まで聞けちゃう。まさに竹善エキス凝縮ライブ。もちろん洋楽のカバーもあり、何でこんなに上手いんゃー。「生まれ来る〜」は松たか子さんの語りを竹善さん本人が語る。「Heal our land」(?)ではおっくん呼び出してドンツクドンツク。セッションは仙台より短めでしたがクオリティが上がってる。ってかおっくんの衣装が、あれって衣装ってより普段着というかTシャツにサンダルって・・・・

なにやら色んな事いってましたが、もう興奮しきりで記憶もおぼろげです。
竹善さんの「wind of change」・・・後ろの幕?ホリゾント??に風ビュンビュンの効果。最初のギターの入りの迫力はなんだあれ!?もうCDで聞くよりも何十倍も素敵でしたよ。竹善さんの声いいです。もう最高。ものすごい拍手で会場に熱気が充満。アンコールの拍手も手が腫れようが内出血起こそうが構うもんかいとバチバチできる限りはたきまくりました。

拍手も熱い中、するりんとアンコールになだれ込みまして竹善さんテケテケ登場、スティービーワンダーの曲のカバー・・・いいねぇ・・・・相変わらず曲名を覚えられない私ではありますが。1番を歌い終わってRラグ登場。む〜、竹善さんの前ではやっぱり加藤さんいっぱいいっぱいに見えるけれども上手いことには変わらん。一生懸命さがラグのいいところです。

そして大ラス。3組全員での『夜空ノムコウ』。。。。。
わたくし、竹善さんに洋輔さんがハモリで死にました。あまりにも自分のツボを突かれました。
このイベントがあるーと知ったときから、このセットで歌ったらどんなことになるかしらと妄想を掻き立てていたのですが、書きたてた妄想の分だけ嬉しさが突き抜けてしまってもう呆然。この二人に殺される、いや、この3組に完璧にノックアウトでした。やられちゃいましたよほんとに。最後の最後でなにをしでかすかこんちくしょー、と。
そして大盛り上がりで大団円で大フィーバー(なんのこっちゃ)でライブ終了。
最終日ということもあって盛り上がり方も半端じゃなく、このままもう一曲やってもらえそうな雰囲気だったのですが、八戸会場はすでに帰る人で入り口ごった返しておりました。う〜ん、もうちょっとねばってみようよ。
ともあれ、もうライブ自体が極め付きで完成度も高かったので大満足でお宿に帰りました。各アーティストともあと1時間ずつやってくれーと騒ぎながら宿にて大騒ぎ。
つまみを買いに近所のコンビニへ行ったら女の子が三ツ矢サイダー買ってましたよ。これは絶対、あれだ。あれ。ピンクのあれと一緒に食べて(飲んで??)ジンジャエールにするんだ。そう。この可愛らしいお嬢さんたちはラグフェアファンに違いない。そんなこんなで語りつくして夜中の午前3時ちょい過ぎ?地震で揺れているのか酔っ払って自分がゆれているのか分からないうちに八戸の夜は過ぎました。


いやー楽しかった!


最後の最後。帰る間際というか八戸の駅で昼食のメニューを選んでいるときに会社から電話が来て思いっきり青ざめてオチまでついちゃって面白かったです。ネタ的にね。
[PR]
by ayafuji_rie | 2005-09-13 22:43 | ラグフェア関連