まったりのんべんだらり


by ayafuji_rie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

つれづれ東京 その1

祝え!結婚式!飛び出せ青春ツアーもとい、東京は広いぜ迷子大作戦レポ?
いや、浮かれた気分を保存したくて投稿。S嬢Tさんトラックバックありがとうございます。



久しぶりの東京、しかも一人で行くのは初めてだったのでかなり緊張。(初めてのおつかい気分)
前日に新しいメガネを会社に置き忘れてきたことに気がついてちょっと凹んだり、デジカメの電池がなかったりなんだりかんだりと慌しくはじまったメデタイ14日。

いつも通勤で使う電車に間に合わせよう〜と前日に気合入れたのにもかかわらず寝。。。。
まあその電車でも新幹線の時間のかなり前に盛岡駅に到着するんですが、旅は余裕が必要ねと自分で結論付けてかなりゆとりをもっておりました。
着慣れないスカートなんかはいたり ちょっとめかしこんだり、朝から自分が自分じゃないようなひらひら気分でした。

ともあれ30分ほど待って無事に新幹線に乗ったんですが東京ってば遠っ!
最近は仙台やら八戸やら近場でしか使わなかったので3時間も乗っているとエコノミーうんたら症候群起こすって。
ともあれ、取った座席がはやて君だったので足元も横脇も広めで快適でした。(こまちだったら辛いかも)車内販売のお嬢さんがかわいらしくてお得感2倍。

12時ちょっとすぎぐらいに東京駅に到着。早速山手線に乗るホームを目指して迷いました。
なんとか駅の案内板と人の流れに乗って、山手線に乗車。すごい駅がたくさんあるーとおのぼりさん根性まるだしで停車駅の案内を見る。斜め上を見続けすぎて肩が凝ってきたころに渋谷へ到着。渋谷ってー。。。結構遠いのね。

渋谷駅を出てめまいを起こしかける。どこに近道??
招待状といっしょに送られてきた会場の地図を見ながらそれらしき通りへ。
地図では緩やかに右側へ向かうかような道筋なのに、迷う。
なんたら通りでそれらしき建物を発見?と思ったら違う。。。。しょうがないので適当に歩いて渋谷の竹下通り?を目指して軌道修正。
目印になりそうな建物を探してようやく会場にたどり着いたものの、到着が早すぎて受付がまだ開いてない。迷う時間が短すぎたのね。
ちょうど小腹もすいてきたので、どっかの店でちょっと食べようとぶらぶらして、岩手にはない某ファーストフード店へ突入。
ちょっと豪華そうなメニューに(いやエビバーガーだったけど)興味深々。商品名をフルに言うのをはばかったら安いほうのエビバーガー出てきてちょっと後悔するも、美味しく頂いて一腹落着。

それからは迷わずに(当たり前。場所確認して迷うわけないって)会場に到着。受付も開いていて時間もぴったり。
着替えをしようと更衣室へ。短大時代の友人が華麗な洋服で目の前に登場。うわーを。みんな一張羅。自分の服にちょっと劣等感を覚えつつも着替えながらしばし歓談。

ちょっと失礼してお手洗いへ。すると鏡の前にかわいらしい女の子が!ピンクでひらひらの可愛らしいドレス。ああピンク最高。
それに比べて私って。。。と落ち込みながら手を洗っているとその女の子から声をかけられまして、かなりウロタエマシタ。最高にかわいいその子はちょっと足が悪いようで杖を持っていたんですが、笑顔がかわいい。たわいもない話をしてこちらの緊張をほぐしてくれたのかしら。私の服もかわいいって言ってもらいまして落ち込んだ気分がちょっと復活でした(これがいいたかった(笑))

着替え終わって、受付を済ませて、あたりをきょろきょろすると、あれ?新郎?と思ったら双子の弟さん。よくよく見回してみて、自分の周りに知り合いがほとんどいなくてパニックになりかけました。アドリブが利かない性格だって前にあるある大辞典でやってたわーと、自己分析しながらも孤独を味わい。。。。若い人がたくさんいる場所はだめですねぇ。何を話せばいいのかわからない。しどろもどろで、ボケをかましてもシラーっとした雰囲気に心で泣く。私のトーク駄目だった。。。。。orz



続く。
[PR]
by ayafuji_rie | 2005-05-16 21:04 | 気のままに雑文