まったりのんべんだらり


by ayafuji_rie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

振り返るとき

やる気満々で仕事をして、テンションは高さを保って、人と沢山お喋りして、家でも家事手伝いワンサカこなして、猫の世話もちゃんとして、サイトの更新もバコバコして、夜はぐっすり眠って、朝は爽やかに目覚めて。

そんな生活は4ヶ月くらい前にマックス。

それからだんだんと衰えて現在。

やる気は萎え萎えで仕事も面倒、テンションは低すぎて鬱々、人と喋るのもおっくう、家事手伝いもやる気無し(やるけどね)、猫の世話も遊んであげる時間が減り、サイトの更新もパッタリ、夜は寝つきが悪くて、朝の目覚めは陰鬱。

突っ走って突っ走ってだんだん疲れて、やがて足を止め、走った跡を振り返る。

振り返ってみるとあらまあ。自分の軌跡がくっきりと足跡になってあちらこちらに散らばっている。

とんでもない所を走った跡、小さな可憐な野の花を踏みつぶした跡、他人の敷地に気が付かずに走り去った跡。
振り返れば恥ずかしいものだらけ。
一つ一つ足跡を見つけては後悔する。

どうしてこんなことしたのか。
どうしてこんなにばかなのか。
どうしてこんなに無神経なのか。
どうしてこんなにも無謀なのか。

見つけて後悔する度にテンションは下がるし、やる気も萎える。
いいかげん、鬱になったところでもう一度振り返ると目の前には分かれ道。
どの道も何処に行くか分からない、どれを選んでも後悔しそうな。
でもそれを選ばなければならない期限があって、選ばざるを得ない。

そんな分かれ道。振り返る時は、振り返りたく無い時。
選ばないと。選べ。選ぶ時。選べば。どうなる?
それは突っ走る準備期間でもあり。
それをくり返していくのが私の生きる道だとしたら、とってもいや。
でも自分の道からは逃げられないけどね。
[PR]
by ayafuji_rie | 2004-04-06 21:27 | こまじめに雑文